2010年04月22日

胎児治療薬に保険適用=肺の成熟を促進−「画期的」専門家ら評価(時事通信)

 厚生労働省は15日までに、胎児の肺の成長を促す薬の有効性を認め、保険適用とした。胎児治療薬の保険適用はまれ。専門家らは「胎児が治療対象として認められたことを意味し、画期的」と評価している。
 この薬は副腎皮質ホルモン剤「リンデロン注」(一般名ベタメタゾンリン酸エステルナトリウム)で、内科領域を中心に1960年代から幅広く使われている。早産が予想される場合、母体への投与を通じて胎児の肺の成熟を促し、新生児の呼吸困難を予防する効能が昨年11月、厚労省の承認を受け追加された。 

窓口の明細書発行、入金機利用が大半なら希望者のみで可(医療介護CBニュース)
30分間無人、告示日の長崎県南島原市選管(読売新聞)
30分間無人、告示日の長崎県南島原市選管(読売新聞)
独居高齢者の安否、乳酸菌飲料の無料宅配で確認―千葉県成田市(医療介護CBニュース)
<神奈川県箱根町>満開のサクラが雪化粧 積雪10センチ(毎日新聞)
posted by まるみや at 09:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。