2010年04月28日

「対象限定を」「すべてで」ライター規制で火花(読売新聞)

 ライターの火遊びが原因とみられる火災が相次ぐ中、経済産業省が、ライターを消費生活用製品安全法の「特定製品」に指定する方向で検討を進めている。

 5月中にも、子どもが簡単に着火できない仕組み「チャイルドレジスタンス」(CR)の導入基準などを取りまとめる考えだ。ただ、コスト面などの課題もあり、業界にはなお異論がくすぶっている。

 同省では、消費経済審議会の作業部会でCRの構造基準と検査方法を決めてもらった上で、ライターを「特定製品」に指定し、基準を満たしていない商品は販売できない仕組みにする方針。導入するCRには〈1〉着火ボタンを子どもの力では押せない程度に固くする〈2〉ストッパーを外してから着火ボタンを押すなど2段階操作を必要とする――の2方式が候補に挙がっている。

 専務理事が作業部会の委員にも入っている業界団体「日本喫煙具協会」(東京)も基本的に規制の方向に賛成しているが、問題となっているのが規制対象だ。

 協会は導入の対象を「直押し式」(着火ボタンを真下に押し込むタイプ)に限定し、「スライド式」(着火ボタンを斜めに押し下げるタイプ)と「フリント式」(火打ち石をこすり、火花で着火するタイプ)は当面、対象外とするよう主張している。

 しかし、直押し式は、毎年6億個出荷されるライター全体の4割に過ぎず、作業部会では、消防関係者などを中心に「タイプにかかわらずすべて規制すべき」との異論が相次いでいる。

 協会が反発する背景にあるのはコスト増の問題だ。

 昨春、CR機能付きライターをテスト販売した業界最大手「東海」(静岡県)の場合、1個150円で4000個を販売してみたが、半分しか売れなかった。今春、130円に値下げしたところ、今度は順調に売れているというが、「これで採算ギリギリ」(松浦浩司・営業企画管理課長)という。

 検査の導入もコストを押し上げそうだ。CRを義務づけている米国では、3〜4歳の子ども100人に試させて15人以上が着火できた場合は不合格とする方式を導入しているが、1商品につき平均200万円ほどかかっているという。

 同省製品安全課では「5月中には作業部会で結論を出してもらうが、あくまで総論。詳細部分まで合意にこぎつけるのは容易ではない」としている。

 ◆チャイルドレジスタンス=子どもが製品を簡単に操作できないようにする仕組みのこと。欧米では薬品のフタを開けにくくする仕組みなどがある。ライターの場合、米国で1994年から義務化されると、5年間で火災による子どもの死傷事故がほぼ半減した。欧州連合(EU)も2007年から義務化した。

部下なし「一人係長」公務員、2万6634人(読売新聞)
<全国町村会>新会長に藤原・長野県川上村長を選出(毎日新聞)
川で小魚大量死=水面1.7キロにわたり白濁−奈良(時事通信)
難病対策の厚労省内検討チームが初会合(医療介護CBニュース)
<時効廃止>改正刑事訴訟法が成立 即日施行目指す(毎日新聞)
posted by まるみや at 10:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

胎児治療薬に保険適用=肺の成熟を促進−「画期的」専門家ら評価(時事通信)

 厚生労働省は15日までに、胎児の肺の成長を促す薬の有効性を認め、保険適用とした。胎児治療薬の保険適用はまれ。専門家らは「胎児が治療対象として認められたことを意味し、画期的」と評価している。
 この薬は副腎皮質ホルモン剤「リンデロン注」(一般名ベタメタゾンリン酸エステルナトリウム)で、内科領域を中心に1960年代から幅広く使われている。早産が予想される場合、母体への投与を通じて胎児の肺の成熟を促し、新生児の呼吸困難を予防する効能が昨年11月、厚労省の承認を受け追加された。 

窓口の明細書発行、入金機利用が大半なら希望者のみで可(医療介護CBニュース)
30分間無人、告示日の長崎県南島原市選管(読売新聞)
30分間無人、告示日の長崎県南島原市選管(読売新聞)
独居高齢者の安否、乳酸菌飲料の無料宅配で確認―千葉県成田市(医療介護CBニュース)
<神奈川県箱根町>満開のサクラが雪化粧 積雪10センチ(毎日新聞)
posted by まるみや at 09:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

雑記帳 「エゾヒグマ館」公開へ 札幌(毎日新聞)

 札幌市中央区の円山動物園に完成した屋外展示場「エゾヒグマ館」が17日、一般公開される。北海道の森をイメージし、ミズナラなど12種の木を植栽。高低差5メートルの丘に池や洞穴を配置し、野生本来の姿を観察できるよう工夫した。

 現在の“住民”は3月にのぼりべつクマ牧場(北海道登別市)から来た「とわ」(雌、2歳)1頭。人間なら小学校高学年ぐらいのおてんば娘だが、走り回って木を引き倒すなど、慣れない“新居”に大暴れ。

 将来的には雄のヒグマを迎えて繁殖する計画。飼育関係者は「お婿さんが来てくれれば、少しはおしとやかになってくれるかも」。【片平知宏】

【関連ニュース】
札幌市円山動物園:また性別判定ミス ライオンとエゾシカ
ホッキョクグマ:双子の父、古巣・札幌へ
ホッキョクグマ:さよならママ 双子の送別会
雑記帳:飼育員モデル「マルヤマン」CD発売 円山動物園
ホッキョクグマ:引っ越しの双子 札幌でお別れ会

「がん教育」などを今年度事業の重点項目に−日本対がん協会(医療介護CBニュース)
ダイバーに人気、天使の輪を持つ「ダンゴウオ」(産経新聞)
山形新幹線急停止、車両の下に女性…けがなし(読売新聞)
おじさん犬 警察犬試験に挑戦3度目 実はあがり性(毎日新聞)
欧州、17日も14便欠航=火山噴火の影響−日航・全日空(時事通信)
posted by まるみや at 23:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。